消火器リサイクル推進センター

ホーム > 消火器の処分方法 > よくあるご質問 > 防災事業者向け > リサイクルシールについて

消火器の処分方法

よくあるご質問

Q
リサイクルシールはなぜ消費税がかからないのですか?
A
リサイクルシールは前払式支払手段となっており、消費税法 別表第一(第6条関係)による物品切手等に該当します。商品券や旅行券のようにリサイクルシール購入時には消費税はかかりません。
Q
すでにリサイクルシールが貼られている消火器を、持ち込んだ場合、管理費、事務手数料、保管料を、請求されるのか?
A
特定窓口により、金額は異なりますが、一時物流費として収集運搬、保管等諸費用の請求が行われます。  なお、指定引取場所に持ち込んだ場合は、追加料金なく引き取ります。
Q
リサイクルシールは、オープン価格であり窓口ごとで金額が違うということですが、なぜオープン価格なんですか?
A
独占禁止法の関係で、オープン価格での販売としています。
Q
リサイクルシール代以外の費用はかかるのですか?
A
リサイクルシールは指定引取場所へ持ち込まれたあとの運搬・処理費用を賄っています。お客様事業所へ引き取りに伺う場合や特定窓口へ持ち込まれる場合には別途、収集運搬・保管費用が必要となります。
Q
リサイクルシールの金額はどこで購入しても同じですか?
A
リサイクルシールの金額は窓口ごとに設定しております。お手数ですが、窓口へお問い合わせください。また、収集運搬・保管費用についても同様となります。
Q
なぜ、2010年以降に販売される消火器にはリサイクルシールが貼られているのですか。
A
廃棄される消火器は、自治体が処理困難物として回収しないことが多く、不法投棄や放置され老朽化することなどにより、破裂等の事故につながることがあったため、前払式証票である「消火器リサイクルシール」により処理費用を徴収しています。 製品の販売時に処理費用を徴収することは不法投棄抑止に最も有効な方法であるため、2010年1月以降に国内で販売されたすべての消火器には処理費用をあらかじめ徴収する「新品用リサイクルシール」を貼付しています
特定窓口追加募集のお知らせ
特定窓口第4次追加募集中
消火器を処分したい方へ
自治体・消防関係者向け情報
SDGs
SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS
その他
不思議の国の消火器占い
消火器占い

消火器リサイクル窓口検索
QRコード